自然エネルギーで持続可能な循環型社会へ

 自然エネルギーの重要性は、自然環境の保護し、継続的な経済的メリットを実現できる点にあります。気候変動枠組条約締約国会議(COP)でも大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させることを究極の目標を達成すべく、様々な取り組みを各国で行っております。温室効果ガスへの対策として、生物由来資源でありカーボンニュートラルなバイオマスから生まれる自然エネルギーは、重要な役割を担います。

 しかしながら世界中で未だ有効活用されていないバイオマスが多く存在しています。弊社では、それらの有効活用されていないバイオマスを利用し、自然エネルギーを生み出す事で持続可能な循環型社会にすべく、様々な活動に取り組んで参ります。

会社情報

会社名合同会社インパクト
所在地〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-22 小笠原ビル4F
TEL03-6811-7982
代表取締役長谷川真二
設立〇〇〇〇年〇〇月
従業員〇〇名
事業内容1. 再生可能エネルギー燃料精製プラント事業
2.マイクロバブル・ナノバブル事業
3.MSEミキサー事業